リタイアメント・ライフを、デザイン〈見える化〉する

あなたとご家族の
こころ豊かで快適な
退職後の
生活のために

「リタイアメント・デザイン」
未来を描き実現するのはあなたです。

リタイアメント・ライフにどのような思いを馳せていますか?
行きたかった場所、欲しかったもの、
新たに始めたいこと、会いたかった人…

あなたとご家族の未来のために。
今だからできること。今しかできないこと。

思い描いている夢や
漠然とした不安を
〈見える化〉していくことから始めましょう。

新しい生活、新しい自分

夢の実現と不安が交錯する時期

リタイアメント・デザインにおいて一番重要な時期。
それは退職前10年から退職後の5年間まで。

私たちは、この時期を「リタイアメント・レッドゾーン」と
呼んでいます。
特にこのリタイアメント・レッドゾーンの入り口となる時期の方は
一度立ち止まって未来について、
考えてみることをおすすめします。

60歳で定年退職される方の資金推移のイメージ
すぐそこにある「未来」

いつから「リタイアメント・デザイン」
〈見える化〉すべきか

「リタイアメント・レッドゾーン」の入口である50歳前後の方には、一般的に次のような傾向があると考えます。

夢・生きがい 健康 お金
  • ●仕事上の責任が増大
    ●退職を意識し始める
  • ●健康面での変化
    ●体力の低下
  • ●(若い頃に比べて)
    収入の増加
    ●子どもの教育費に
    目途がたつ

必ずしもすべての方にとって当てはまるとは言えませんが、
この3つの条件が当てはまる時期こそ、
“未来と向き合うとき”ではないでしょうか。

その先にあるものは?
~調査結果から読み取れる夢と不安~

実現させたいこと

Q.リタイアメント・ライフで実現させたい(した)ことは
どんなことですか?

グラフ

2015年11月~2016年3月に弊社で実施した「リタイアメント・ライフに関する意識調査」50代、60代の方の回答を集計(複数回答あり)ご回答者数:16,189名

リタイアメント・ライフは「自由」を手に入れるとともに、ストレスからも解放され、「今までにできなかったこと」や「我慢していたこと」を実現させる最も充実した時期と言われています。

その先にあるものは?
~調査結果から読み取れる夢と不安~

その裏側にある不安

image

Q.リタイアメント・ライフの不安として感じていることは
何ですか?

グラフ

2015年11月~2016年3月に弊社で実施した「リタイアメント・ライフに関する意識調査」50代、60代の方の回答を集計(複数回答あり)ご回答者数:16,189名

「夢」や「楽しみ」を実現させるために欠かせない条件として
「健康」があります。
ご自身はもとより、ご家族も健康だからこそ実現できることも
多くなります。
そして、もう一つの条件は「お金」。

この2つの条件が揃うことが大切です。

「こころ豊かなリタイアメント・ライフ」の
実現を揺るがすもの

3つの問題点を解決する

豊かで安定したリタイアメント・ライフ

悩みの正体を知り、少しでもその不安要素を取り除いておきましょう。

お金の心配 この先の生活をイメージして、「お金のこと」考えてみませんか。

退職後は、
「生きているうちに資金が底をついてしまうかもしれない」
という不安を多くの方が感じています。

image

長生きは大変おめでたいことですが、資金を取り崩す期間になることから「経済的な面で長生きはリスクになる」とも言われています。

〈60歳で退職し、再就職をしない場合のイメージ〉

※65歳で年金の受給が開始の場合

〈60歳で退職し、再就職をしない場合のイメージ〉

そのための準備を、いつから始めますか?

介護の不安 家族が長生きできる幸せと、「介護のこと」考えてみませんか。
image

介護が必要になった時に生じる3つの負担。
■精神的な負担
・・・先が見えない不安は精神的に重くのしかかってきます。
■肉体的な負担
・・・体を起こしたり、車椅子への移動、昼夜が逆転することも。
■経済的な負担
・・・自宅のリフォーム、介護用品の購入、介護サービスの利用。
「介護離職」ともなれば、収入は激減してしまいます。

どのような介護を“してほしい”“してあげたい”ですか?

相続の悩み ご家族がいつまでも仲良くいられるために「相続のこと」考えてみませんか。
image

相続の悩みは、大きく2つ。

■遺産分割
「誰に」「何を」「どうやって」・・・家族みんなに公平に分けたい。
財産の大・小でなく、その思いを伝えることが大切です。

■相続税
「いつまでに」「誰が」「いくら」「どうやって」払うのか・・・
場合によっては、ご家族に大きな負担を遺すことにもなりかねません。

あなたの大切な方に、何を遺したいですか?

さあ、始めましょう
高度な知識と豊富な経験を積んだライフプラン・コンサルタントが
あなただけのリタイアメント・ライフづくりをサポートします。

まずは、あなたのお考えを
ライフプラン・コンサルタントにお聞かせください。

リタイアメント・
デザインの流れ

  • 01

    キャンバス
    を選ぶ

    リタイアメント・ライフに
    目を向ける

    キャンバスの大きさ
    =リタイアメント・ライフの
    長さはどのくらい?

  • 02

    デッサンを
    描く

    夢や楽しみを考える

    ご退職後に始めたいことや楽しみについて、
    具体的に考えてみましょう。

  • 03

    色彩を
    つける

    イメージを具体化〈見える化〉する

    あなたが思い描く未来をもとに、
    あなただけのリタイアメント・
    ライフプランを一緒に考えます。

  • 04

    仕上げ

    問題があれば解決する

    リタイアメント・ライフプラン実現のために
    何を準備しておけばよいのか
    アドバイスします。

  • 05

    保管

    プランは手元に置いておく

    環境や考え方は変化することがあります。
    いつでも見直しができるように
    しておきましょう。

ジブラルタ生命が提供するサービス

セミナー

リタイアメント・セミナー

image

これからリタイアメントを迎える方を対象にさまざまなセミナーを全国各地で開催しています。
毎年8万名以上の方にご参加いただいています。

  • 社会保障セミナー

    年金・医療・介護の最新情報を中心として、社会保障制度について詳しくご説明します。

  • 外貨セミナー

    大切な資産を防衛するための手段としての外貨活用法をわかりやすくお伝えします。

  • 相続セミナー

    相続や遺産分割に関する最新情報と、今日からできる具体的な対策をご説明します。

ジブラルタ生命のセミナー専任講師は、
「認定NPO法人 金融知力普及協会(http://apfl.or.jp/)」が認定する金融知力インストラクターです。

ジブラルタ生命が提供するサービス

レポート

リタイアメントに関する
意識調査レポート

image

リタイアメント・ライフに関する意識調査をこれまでに5回行い、のべ約17万人の方の声をお聞かせいただき、サービス向上のための知見としています。
また、集約したご意見はレポートとして、お客さまにお渡ししています。

プランニング

リタイアメント
プランニング・サービス

夢や楽しみ、必要な資金は人それぞれ違います。リタイアメント・プランニング・サービスでは、年度別の収支や年金の仕組み図などもご覧いただけます。

image

リタイアメント後の収支グラフ
(退職金取り崩し後)

リタイアメント後の
収支累計比較

まずはご自身で簡易版シミュレーションに
挑戦してみませんか?

Flashに対応していないiPhoneなどのスマートフォン、タブレットでのご利用は出来ません。PCからご利用ください。

image

決して揺るがない岩、ジブラルタ・ロック。
それが、私たちの社名の由来です。

ジブラルタ海峡に位置する長さ4.8km、
高さ400mにもおよぶ岩山
“ジブラルタ・ロック”。 海峡の要衝を守る巨大な岩山は、
古代から“安心”と“信頼”の象徴でした。
ジブラルタ生命は、お客さまに安心をお届けし、
信頼の絆で固く結ばれる
会社でありたいと願い、
この岩山の名を社名の由来にしています。

Gibraltar Rock ジブラルタ・ロック

イベリア半島の南東端に突き出した小半島にある岩山。
古代より、西の果てにある「ヘラクレスの柱」として知られる。

ジブラルタ生命について

ジブラルタ生命はプルデンシャル・ファイナンシャルの一員です。

プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(Prudential Financial,Inc.)は、世界最大級の金融サービス機関のひとつです。140年以上の歴史を誇り、米国、アジア、ヨーロッパ、ラテンアメリカの拠点で活動しています。

日本で生命保険事業を展開するプルデンシャル・グループ

日本で生命保険事業を展開するプルデンシャル・グループ

ジブラルタ生命保険株式会社 本社 〒100-8953 東京都千代田区永田町2-13-10 プルデンシャルタワー

URL

コールセンター 受付時間 平日:8:30~20:00 土曜:9:00~17:00(日曜・祝日・12/31~1/3を除く)

一般のお客様 0120-37-2269
教職員のお客様 0120-37-9419
一般のお客様 0120-37-2269 教職員のお客様 0120-37-9419
「人生は、これから」そういえる人生を、ご一緒に